[--/--/--]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
[2005/07/13]
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
33話「示される世界」
やばいよ、雷鳴ってるよ。途中で停電したら困りますよ、ホント。

フリーダムとの戦闘シュミレーションをやっているシンとレイ。
そこへアスランの登場。
当然、いつものいざこざが発生します。気付いたらシン&レイ対アスランの構図になってるし。そのせいでシンがもう調子乗りすぎの増長で大変です。
でもシュミレートするってのは悪くないですけどね。

AAサイド
む・・ネオがしゃべった。
そして、みんなびっくりしすぎ。気持ちもわかるけどさ。

ルナマリアが代弁しています、代弁。
この際、ルナがシンに言ってやれ、それが早いから。

議長の長い演説の始まり。
その中で出てくる映像でフリーダムがカットされていることにアスランが気付いたようです。

・・・ろーず?
う、最後の議長のセリフ聞いてなかった・・・・見たらみんなでなんか叫んでた。。。
何?宣戦布告でもしましたか。

「悪夢」
AAとミネルヴァが戦闘。
フリーダムとインパルスが戦闘。

あ、停電しませんでした。
スポンサーサイト
[17:26] ガンダムSEED DESTINY(終) | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪機動戦士ガンダムSEED DESTINY | ホーム | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL


このブログから一部のブログへのTBの送信が出来ないことがありますのでご了承ください。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。