[--/--/--]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
[2005/07/31]
零~刺青の聲~ 迷いがちな場所攻略
迷いそうなところを攻略っぽく

零~刺青の聲~ 声優で検索してきた人はこちら
雛咲の社さんのツリー掲示板が主なソース元です。
零をやってらっしゃる方なら、一度は覗かれたこともあるかと思います。


三ノ刻(三の刻)
一ノ刻でいった覗き穴に行って「打ち付ける少女」撮影。

五ノ刻(五ノ刻)
「座敷のある広間 2階」(鐘の廊下の玄関まで行くと刺青の女がでて鍵が開く)で射影機ゲット。
「書庫 2階」蝶の鍵ゲット。
「柵の廊下 1階」へ。

六ノ刻(六の刻)
「座敷のある広間 1階」ここに入るには鐘の廊下で梁の上を歩く霊を見たら、「着物の間 2階」の小さい扉へ入り、進む。
「玄関 1階(怜の夢と現実の世界の出入り口)
「布団の間 1階」は、「階下を覗く座敷 2階」眠り石を拾う。
「階段廊下 1階」

七ノ刻(七の刻)
「四つん這いの女」は深紅の特殊能力で動き遅くする。
敵が攻撃するときがフェイタルなのでそのときだけ能力つかう。
上向きに射影機を構えるとちょうどいいらしい(←掲示板情報

玉のある場所。
人形の祭壇(西)床下から(座敷のある広間 1階)
人形の祭壇(南)床下から(染みのある回廊を通る)
人形の祭壇(東)御神木の右
人形の祭壇(北)御神木の左。「木造の間 2階」で封印とく。

八ノ刻(八の刻)
縄の男は逃げる。倒せない。
でも、御堂にでてくる縄の男は倒さないと先進めないからがんばる。

九ノ刻(九の刻)
「染みのある回廊」へ。

六ノ刻でうずくまる女を仕切られた部屋で撮影していると、九ノ刻で玄関に行けば乳母車を押す老婆が出現。老婆を倒して違い矢筈の鍵を拾い、玄関横の扉へ。奥に進むと瀧川吉乃と戦闘。戦闘後、が手に入る。(←掲示板情報

箱庭で顔を隠した男との2回目の戦闘のあと、御簾の間 1階へ行くとを入手。

十ノ刻(十の刻)
「社を封じた中庭」へ行き、左にある「書物蔵」へ。

十一ノ刻(十一の刻)
「書庫 2階」の祭壇を撮影したら、「書物蔵 3階」へ行き少女の霊を撮影。
「戒ノ偽文書」を拾ったら元の祭壇へいき、本を戻す。
上に行く。

十二ノ刻(十二の刻)
灯火パズルは「人形の祭壇(東、西、南、北)」にあります。

十三ノ刻(十三の刻)
鏡の破片のある場所。
「木造の間 1階」
「吊り牢の間」
「映写室」
「御簾の間 1階」
「御神木の箱庭」


ラスボスのまとめ



スポンサーサイト
[21:38] 零~刺青の聲~ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪コミックバトン | ホーム | 零~刺青の聲~ 声優はというと≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL


このブログから一部のブログへのTBの送信が出来ないことがありますのでご了承ください。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。